電池処分とリサイクル【乾電池・バッテリーは産業廃棄物処理】廃乾電池

目次

乾電池・バッテリーの回収・廃棄処理処分をいたします

乾電池・バッテリーを無計画に廃棄していませんか?

企業より排出される使用済みの電池やバッテリーは、「産業廃棄物」として処理しなければいけません。
産業廃棄物は排出事業者の責任において処理することが義務付けられている為、専門の業者に依頼して処分する事で安全で企業としてのコンプライアンスの向上にも繋がります。

電池やバッテリーなどを、プラスチックごみ・一般ごみにと一緒に捨てるとゴミ収集車や処理施設の中でそれらの電池が発火し、火災を招いた事例が多数発生しています。
近年,多くの家電製品や通信機器においてコードレス化が進み,各種小形 電池の使用量も年々増加しているが,使い終わった電池の処分についても海外を中心に問題視されています。

亜鉛等の重金属等を含む電池が一般のごみに混じって焼却・埋立て処分されてしまうと、有害廃棄物管理からしても好ましくありません。
必ず分別して、リサイクルの出来る電池やバッテリーは資源価値の高い金属等が使われていますので、環境の為にもリサイクルしましょう。

特に企業からでる乾電池・バッテリーは産業廃棄物ですので、DSP におまかせください。

問い合わせ

廃棄物処理法の改正で乾電池破棄・処分も注意しましょう

水銀の適正管理と排出量の削減を目指し、平成29年10月1日より「廃棄物処理法の改正」が施工されました。
廃棄物処理法の改正では、排出事業者は運搬・処分基準に適合した業者に処理を委託することが義務づけられたのです。
この法律によって、水銀使用製品が廃棄物とみなされるようになりました。
今まで、水銀が含まれるものはハッキリとした決まりがありませんでしたが、処分基準が追加されたのです。

電池・バッテリーの回収はこんな業種の方に多くご利用頂いています

  • 飲料メーカー
  • リース会社
  • 清掃業
  • 家電量販店
  • 車屋
  • ビルメンテナンス会社
  • 不動産
  • 医療機器メーカー
  • 病院
  • 学校
  • 携帯ショップ
  • 玩具屋
  • 楽器小売店
  • 流通センター
  •  

乾電池・バッテリー廃棄処分の回収までの流れ

1.HPお問合せフォームまたはお電話にてご連絡ください

2.乾電池やバッテリーの種類や量、排出頻度をヒアリング

  ※お写真を送って頂くとお見積りしやすくなります。
  回収場所ゴミ置き場等の確認

3.回収料金のお見積もりをご提示

  回収日の日程調整

問い合わせ

乾電池 産業廃棄物について

良くご依頼のある乾電池の廃棄物品目

乾電池の種類  
分類 品目 処理の可否 受入可能
最低量/㎏
荷姿
○・×
一次電池 マンガン乾電池  〇    
アルカリ乾電池  〇    
アルカリボタン電池  ×    
ウェストン電池  ×    
オキシライド乾電池  ×    
海水電池  ×    
カドミウム標準電池  ×    
空気亜鉛電池  ×    
クラーク電池  ×    
グローブ電池  ×  
酸化銀電池  ×    
ザンボニー電池  ×    
シリコン空気電池(英語版)  ×    
ダニエル電池  ×    
ニッケル乾電池
(ニッケルマンガン乾電池)
 ×    
熱電池  ×    
ブンゼン電池  ×    
リチウム電池  ×    
塩化チオニルリチウム電池  ×    
塩化亜鉛電池  ×    
空気アルミニウム電池  ×    
空気マグネシウム電池  ×    
空気鉄電池  ×    
水銀電池  ×    
二酸化マンガンリチウム電池  ×    
二硫化鉄リチウム電池  ×    
二次電池 ニッケルカドミウム電池  ×    
カリウムイオン電池  ×    
シリコン電池  ×    
チタン酸リチウム二次電池  ×    
ナトリウム硫黄電池(NAS電池)  ×    
ナトリウムイオン二次電池  ×    
ナトリウム硫黄電池  ×    
鉛蓄電池  〇    
ニッケルカドミウム蓄電池  ×    
ニッケル水素電池  ×    
ニッケルリチウム電池  ×    
ニッケル亜鉛電池  ×    
ニッケル水素充電池  ×    
ニッケル鉄電池  ×    
リチウムイオン電池  ×    
リチウムイオンポリマー電池  ×    
リチウムイオン二次電池  ×    
リチウム空気電池  ×    
リチウム硫黄電池  ×    
リン酸鉄リチウムイオン電池  ×    
レドックスフロー電池  ×    
亜鉛臭素フロー電池  ×    
鉛蓄電池  〇    
充電式アルカリ電池  〇    
制御弁式鉛蓄電池  〇    
溶融塩電池  ×    
燃料電池 アルカリ系燃料電池  ×    
リン酸系燃料電池  ×    
固体高分子形燃料電池  ×    
溶融炭酸塩形燃料電池  ×    
固体酸化物形燃料電池  ×    
直接形燃料電池  ×    
バイオ燃料電池  ×    
太陽電池 有機系  ×    
化合物系  ×    
シリコン系  ×    

乾電池・バッテリーの破棄処理・処分でお困りの際はお気軽にご相談ください。

 

廃棄された乾電池は処理設備で製鉄原料にリサイクルされます。
亜鉛は精錬所で資源として回収し、その他は溶融スラグ化してセメント原料等になります。
DSPでは、乾電池は廃棄物の出ないほぼ完全なリサイクルを実現しています。   

また、バッテリーは廃液を中和処理します。
鉛、ステンレス、プラスチックはそれぞれ原料としてリサイクルします。 

充電式電池はリサイクルマークが目印になります。

問い合わせ

バッテリー種類の判別方法

バッテリーの種類がわからないとお問い合わせをいただくことがよくあります。
バッテリーの種類の見分け方は

  • バッテリー本体に記載の型番                                                                                          
  • 制御版等の内側に記載の銘板を確認                                                                 
  • 本体にPbマークの記載があるものは鉛バッテリー                                         
  • 端子にネジがあるものはアルカリバッテリー                                                   
  • 端子にネジのないものは鉛バッテリー                                  

鉛バッテリー  アルミ・プラスチック      

              

小型充電式電池のリサイクル活動             

「資源の有効な利用の促進に関する法律」(資源有効利用促進法)は2001年に施行され小型充電式電池の回収・再資源化が義務づけられました。同年9月には廃棄物処理法・広域認定が受理されました。

2008年12月の中間法人法の廃止により、2009年6月に「一般社団法人JBRC」に名称変更しJBRCに登録された全国のリサイクル協力店、協力自治体、リサイクル協力事業者等の回収拠点から、小型充電式電池を回収し、再資源化を推進しています。

問い合わせ

産業廃棄物・リサイクル処理フロー

乾電池 リサイクル処理の流れ

バッテリー(蓄電池) リサイクル処理の流れ

電池の破棄・処分方法

電池の処分に困ってます。家庭での捨て方を教えてください!

電池の種類は大きく分けて約40種類あります。さらに細かく分けると約4000種類もあります。
電池の種類によって処分場所も変わってきます。

一般の家庭から出る電池の回収はDSPでは回収できませんが、下記の場所で回収できますよ。

自治体ゴミステーション

一番多く使われているアルカリ乾電池とマンガン乾電池、リチウム一次電池は市町村によって異なりますが、自治体のごみステーション(自治体によって回収拠点を別に設けている場合があり)、または小型家電回収ボックスで電池も回収出来ます、児童館や出張所においてあることが多いです。
用意されたかごにそのまま、もしくは透明の袋に入れて出します。
分別区分は「不燃ごみ」「乾電池」「資源ごみ」「危険ごみ」など自治体により異なるので、ごみ出しカレンダーやお住いの地域のホームページを確認してみてください。
自治体のルールによっては絶縁の必要があります。(プラス極とマイナス極にセロハンテープやビニールテープを貼ってください。)

小型充電式電池回収BOX

小型充電式電池は(ニッケル水素電池、リチウムイオン二次電池、ニカド電池)各リサイクル協力店に設置された小型充電式電池回収BOXへ。
主なリサイクル協力店として、電池の販売を行っている家電量販店やホームセンター、スーパーなどがあります。
小型充電式電池は、ニッケルやカドミウム、鉛、コバルトなど、再生ができる希少な資源が含まれています。
回収BOXに投入する際には必ず絶縁をしてください。
充電式電池かどうかわからない場合は、電池に記されたリサイクルマークが目印です。

ボタン電池回収缶

酸化銀電池、アルカリボタン電池、空気亜鉛電池は協力店舗・協力施設に設置されたボタン電池回収缶へ主な回収協力店として、家電量販店や眼鏡店、ホームセンターなどがあります。
ボタン電池は水銀を含んでいる場合があるため、自治体のゴミステーションに捨てられません、処分する際には環境への配慮が必要です。
回収缶へ投入する際には必ず絶縁をしてください。(ボタン電池の場合にはセロハンテープを一周して下さい。)

問い合わせ

乾電池廃棄処分・処理 よくある質問

少量でも回収していただけますか。どのくらいの量から回収出来ますか。

写真の量を目安にお願いします

持ち込みできますか。

持ち込みは出来かねてしまいます。
回収のみになります。

料金を教えてください。

 

 

使い終わった電池の正しい保管方法はありますか?

化学物質で満たされた電池は、正しい方法で保管・処分するのが重要です。
たとえば、カギやクリップなど、別の金属製品と一緒に保管するのは大変危険で、よく事故が起こります。
電池と金属表面が触れてショートを起こすと、発熱や破裂、発火する恐れがあり、火事に繋がるときがあります。

このような事故を防ぐためにも、廃電池のプラス極とマイナス極それぞれにビニールテープを巻いて絶縁しておくようにしましょう。
また、直接日光が当たる場所に置くと電池から液が漏れる恐れがあるため避けてください。

錆びていたり、液漏れしてる乾電池も回収出来ますか。

回収出来ます。
液漏れの場合直接触ると化学やけどの恐れがありますので、ビニール手袋を使うなどして処理しましょう。
液漏れは過放電によって起こります。電池が無くなりかけているまま乾電池を機器の中に放置した際に起こります。
使わなくなったリモコンなどに電池を入れたままにしておくと危険ですので、必ず電池は抜きましょう。

iPhoneやアンドロイドの携帯電話のバッテリーは回収出来ますか。

回収は出来かねます。
携帯電話のモバイルバッテリーにはほとんど「リチウムイオン電池」が使用されています。
リチウムイオン電池は、発火や爆発を引き起こす恐れがあります。

自治体でも燃えるゴミとしても、燃えないゴミとしても処分できない場合が多いです。
大手家電量販店ではリサイクルBOXを設けている所が多いので電池回収BOXへ入れていただくか、大手携帯の店舗で回収をしてくれます。

乾電池に記載させているaaaaやCの英字はなんですか?

日本では単1形や単2形などと種類を区別するのと同じように、海外(アメリカ規格協会ANSI)では英字で種類を表しています。
単1形:D
単2形:C
単3形:AA
単4形:AAA
単5形:N
単6系:AAAA

問い合わせ

電池の特徴と用途 

マンガン乾電池

1番古くから使われていて、休み休み使うことで電圧が回復するという特徴があります。
パワーは弱いので、小さな電力で動く機器に適しています。テレビやエアコンのリモコン、掛け置き時計などに使われています。
値段も安価です。二酸化マンガンと亜鉛を反応させることからマンガン電池と呼ばれます。

アルカリ乾電池

乾電池の中で1番使われています。マンガン乾電池より値段が高い分、パワーが強いので大きな電流を流せます。容量が大きいので、長持ちします。デジタルカメラやミュージックプレイヤー、モーターを使ったおもちゃなど、長い時間使用するものや、大きなパワーを必要とする機器に適しています。

アルカリボタン電池

アルカリボタン電池は比較的安価な二酸化マンガンを使っています。経済性に優れていて、幅広く使用させています。電卓、電子体温計、携帯ゲーム機、歩数計などに使われています。

ウェストン電池・カドミウム電池

ウェストン電池は、電流を流さないかぎり何年でも正確な電圧を保ちます。

実験室における電圧計の較正基準として適した、安定度の高い電圧を生成する湿式化学電池です。1893年にエドワード・ウェストンにより発明され、1911年から1990年まで起電力の国際標準として採用されていた。標準電池は別名ウインストン電池やカドミウム標準電池と呼ばれます。

オキシライド乾電池

松下電器産業(現在はパナソニック)が2004年4月1日に発売した乾電池である。ニッケル系一次電池ですが、低電圧時の特性を改善している。(現在は販売終了しています。)

海水電池

海水や真水に浸漬するだけで作動するリザーブ電池であり、鹹水を電解液として利用する注水電池の一種である。深海の水圧に耐える強固な構造になっていますので、海上または海中で小電力を長期間に亘って使用する場合に用いられる。船舶用の遭難信号発信装置の電源や、灯浮標などの海上標識灯から電源の交換が困難である海中測定機器などに使われています。

空気亜鉛電池

燃料電池の一種で空気電池とも呼ばれています。酸化銀電池などの他のボタン形電池より容量が多いので、連続して使う補聴器やページャーなどに使われています。

正極に空気中の酸素、負極に亜鉛を使用するものを言います。使用時には電極に張られているシールを剥がして使用します。一度剥がしたシールを貼り直して保存することはできません。

クラーク電池

1873年に発明された湿式化学電池です。安定して高い電圧を出すことができます。
1905年より温度に依存しないウェストン電池に電圧標準として置き換えられました。

グローブ電池

初期の一次電池。正極に希硫酸中の亜鉛、負極に濃硝酸中の白金を用いており、2つはセラミックのポットで隔てられています。
1840年代から1860年代までの初期のアメリカ電報システムにおいて良い電力源でした。
しかし有毒な二酸化窒素(NO2)を排出する傾向があることが徐々に判明し、電信が複雑になるにつれて、定電圧の必要性が重要になっていきました。グローブ電池は放電するにつれて電圧が下がっていくため、結果的にグローブ電池はダニエル電池に取って代わられました。

酸化銀電池

銀電池、銀亜鉛電池とも呼ばれます。製品のほとんどはボタン型で小型の電子機器で広く使用される他、電圧が非常に安定していて長期保存性などの優れた特性により精密機械や特殊用途にも使われています。

ザンボニー電池

1812年にジュゼッペ・ザンボニーにより発明された初期の電池です。
ザンボニー電池は「静電気電池」であり、銀箔、亜鉛箔、紙の円板で作られています。

ダニエル電池

1836年にボルタ電池の欠点を改善することによって作られた、世界初の実用的な電池である。
陽極の銅のまわりに硫酸銅水溶液を,素焼板をへだてて陰極の亜鉛のまわりに硫酸亜鉛水溶液を用いた電池。起電力は約 1.1Vである。

ニッケル系一次電池

ニッケル・水素蓄電池とアルカリマンガン乾電池の技術を応用して作られた一次電池。
高性能な上、価格に対し寿命が(リチウム電池ほどではないが)長く、コストパフォーマンスの上ではアルカリ乾電池を上回っているとして、2002年頃各社から新方式の乾電池として登場した

「ニッケルマンガン電池」「オキシ水酸化ニッケル電池」などとも呼び、商品名では「GigaEnergy(東芝)」「オキシライド乾電池(Panasonic)」など。現在、この電池を製造しているのはFDKなどであるが市中ではまず見かけない。かつては松下電器、東芝電池、ソニーから発売され、広く一般に市販されていた。

熱電池

長時間の良好な保存が可能で、必要なとき瞬時に大出力が取り出せます。
優れた耐震・耐衝撃性能な為、宇宙用のロケットに使われたりします。

ブンゼン電池

硝酸もしくはクロム酸の炭素カソードと、それから多孔質ポットで隔離された希硫酸中の亜鉛アノードからなります。有毒ガスである二酸化窒素を排出することと、自己放電が多く,取扱いが不便なので,現在はあまり用いられない。

リチウム電池

陰極にリチウム、陽極にフッ化炭素や酸化銅など、電解質には過塩素酸リチウムの有機溶液や固体のヨウ化リチウムなどを用いた乾電池です。小型・薄型にでき、寿命も長く、腕時計や電卓などに使用されます。

塩化チオニルリチウム電池

一次電池のうち、負極に金属リチウムを使用するリチウム系電池の一種です。自己放電が少なく、室温下で10年間保管可能となり、-55℃~+85℃と広い温度範囲になります。水道、電力、ガスメーター等、防犯、警報装置用電源などに使用されます。東芝電池の商品名は「ウルトラリチウム」。

空気アルミニウム電池

空気中の酸素をアルミニウムで反応させることによって電力を発生させる電池です。アルミニウム空気電池あるいは空気・アルミニウム電池とも呼称されます。

エネルギー密度が高く資源的にも豊富で安価であり、環境面でも優れているが、コストや寿命、起動時間、副産物の除去などの問題であまり広く使われておらず、主に軍用に使用されています。

空気マグネシウム電池

空気電池および燃料電池の一種であり、負極に金属マグネシウムを使用し、正極に空気中の酸素を使用します。電解液としては食塩水が利用されます。

空気鉄電池

空気中の酸素を鉄と酸化反応させることによって電力を発生させます。負極の活物質である鉄は正極の酸素雰囲気下で反応して酸化鉄が生成します。実用化への課題は充放電時の容量低下が大きい事となります。

水銀電池

消極剤として酸化水銀を用いた乾電池(一次電池)です。

小型・軽量であり、写真機や小型映画用の撮影機・時計・補聴器等に使用されたが、環境汚染の問題から、1996年(平成8年)にアメリカ合衆国で禁止されたほか、多くの国で禁止され、現在はほとんど使用されていません。

二酸化マンガンリチウム電池

円筒形二酸化マンガンリチウム電池は、独自の高密閉構造と導電性向上構造、負極材により、安定した放電特性を実現しています。信頼性が高く、セキュリティ機器や電子メータ等の産業用途の電源に適しています。

コイン形二酸化マンガンリチウム電池(CR電池)は、小型・軽量で3Vの作動電圧をもち、作動温度範囲も広い電池です。腕時計や電卓の電源として、また、メモリバックアップ用を中心に、各種電子機器の電源として幅広く利用されています。

二硫化鉄・リチウム一次電池

高容量であると同時に、高負荷放電特性にも優れています。二硫化鉄を主活物質とする正極と、リチウムを主活物質とする負極とを有し、有機溶媒を電解液とした非水電解液電池

リチウムイオン電池

デジタルカメラなどの大きなパワーを必要とする機器では、アルカリ乾電池よりも約2倍長く使用できます。
2019年のノーベル化学賞が、リチウムイオン電池の開発に貢献した旭化成名誉フェローの吉野彰さんら3人に授与されることになりました。
リチウムイオン電池は1991年に商用化されて以来、現代の電子機器には欠かせない部品となった。軽くてエネルギー効率が高いことから、携帯電話やノートPC、デジタルカメラにバッテリーを搭載できるようになりました。

問い合わせ

乾電池・バッテリー回収・破棄処分 対応地域

関東全域
東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|栃木県|群馬県|茨城県

お問い合わせ

 

お電話でのお問い合わせは
平日 9:00-18:00 土 9:00-17:00
TEL:03-5830-6777 

乾電池・バッテリー回収のご依頼・お問い合わせ
乾電池を回収して欲しい!バッテリーを回収して欲しい!見積りが欲しい!など、乾電池・バッテリー廃棄処理に関する各種お問い合わせ。
定期回収・一元管理の
ご依頼・お問い合わせ
経費削減・コスト削減のご提案
コストを削減したい!面倒な手間を削減したい!など、
ご要望に応じた経費削減案をご紹介。
コスト削減の
お問い合わせ

 

関連記事

  1. 蛍光灯の処分・回収【産業廃棄物処理】リサイクル

  2. 産業廃棄物の一元管理【法人限定】定期回収・収集・運搬

  3. グリストラップ清掃・配管高圧洗浄【緊急対応可能】詰まり解消/定期管清掃…

  4. 古紙・段ボール破棄処分は回収・買取りリサイクルして経費削減!

  5. お客様の声|廃棄物処理のコスト削減に成功しました!

  6. 木くず・木パレットの廃棄回収処分と木材リサイクル

リサイクルで経費削減サービス

東京都内・対応エリア

足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 清瀬市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 西多摩郡

サービス対応エリア

東京都内を中心に埼玉県・神奈川県・千葉県・栃木県・茨城県・群馬県の関東地域(島嶼部を除く)