機密文書・機密書類を安全に破棄処分するための回収リサイクルサービス

機密文書破棄を情報セキュリティ基準に遵守した回収リサイクルサービス

まるごと溶解処理・まるごとシュレッダー車両処理

 

個人情報保護法の改正などにより、機密文書となる書類が増えてきました。オフィスや事務所・店舗などの機密文書を、セキュリティを守ったまま丸ごと手間なく処理したい!お客様は専用箱に入れるだけ!箱ごと、シュレッダーや溶解処理行います。処理証明書の発行も行います。すべて循環型リサイクルに対応します。

機密処理でこんなお悩みはありませんか?

  • 社内に保管していた文書をまとめて破棄したい
  • 大量の書類の破棄で分別が面倒
  • 情報漏洩を避けて確実に機密書類を破棄したい
  • シュレッダー処理など機密書類の破棄する手間や労力を省きたい
  • シュレッダーをかけるのにホチキスやクリップをいちいち外して、機械にそろえて入れるのが、とっても手間
  • シュレッダーの袋を変えるのが手間。シュレッダー周りに紙くずが散乱する。
  • シュレッダーしたら本当に情報漏洩しないのか心配
  • 不要な機密書類の保管を段ボールにいれているだけではセキュリティが心配。
  • 全国各地の支店・営業所・代理店・フランチャイズなどの文書破棄をセキュリティ高く処理したい

機密処理文書って何?

「機密文書の管理とよく言われているので、気になるけどそもそもよくわからない」「機密文書の処理をするように言われたのだけど・・・。」とご相談を受ける事がよくあります。

一般的に文書は「一般書類」「重要書類」に分ける事が可能です。重要書類には、「秘密保持が必要な文書」、「関係者以外に漏洩すると、関係者に不利益を及ぼす情報や文書」、「会社の企業秘密に関する書類や取引先から受け取った秘密書類や個人情報を記載した文書」などがあります。この中でも厳重な管理が必要な情報が「機密書類」となります。

機密文書・機密書類として破棄処理依頼が多い書類の種類

経営戦略に関する情報 経営計画、目標、戦略、新規事業計画、M&A計画など
顧客に関する情報 個人情報が記載された情報 顧客個人情報、顧客ニーズ、カルテ、生徒情報、顧客名簿、会員情報、アンケート回答用紙
営業に関する情報 販売協力先情報、営業ターゲット情報、セールス・マーケティングのノウハウ、仕入価格情報、仕入先情報など
技術(製造含む)に
関する情報
共同研究情報、研究者情報、素材情報、図面情報、製造技術情報など
管理(人事、経理など)に
関する情報
個人信用情報、社員名簿、履歴書、社内システム情報(ID、パスワード)、システム構築情報、セキュリティ情報、従業者個人情報、人事評価データ、マイナンバー(個人番号)が記された文書など
取引先から受け取った情報 契約書、顧客名簿、共同研究開発情報、製品管理マニュアル、開発中製品の仕様書や図面、検査などの手順書、未発表情報など、住所、氏名、年齢、性別、生年月日、電話番号などの個人情報が記されている文章

機密文書処理のご利用頻度の高い業種など

○税理士、保険会社、社労士、弁護士、学習塾など、個人情報、機密情報の高い業界
○設計事務所、システム開発会社など技術的情報の漏洩が心配の会社
○事務所移転、模様替え、盆・正月・年度末の掃除など、なんらか業務の区切りでの利用

いかがでしょうか。いずれも他者に漏れて悪用されては困る情報ばかりです。

また、倉庫にある保管期間が過ぎたたくさん書類を処分する場合、古紙として破棄するのではなく、機密文書処理を選ばれます。機密文書処理を選ばれる事で、中身を確認・分別することもなく簡単に安全に破棄できます。

手間なく、でも安全に機密文書の破棄をしませんか?
定期巡回や一括回収などお客様の頻度に応じて対応します。

機密文書処理は回収から処分まで徹底管理

機密文書処理は専門に行う担当スタッフが
回収から処分までをしっかりセキュリティ管理のもと行います

業界には、古紙の処分も機密書類の処分も同じに扱って、機密文書処理をいい加減な処理している会社が紛れ込んでいます。厳格な処理や管理をしない会社に機密文書の処分を委託してしまうと、御社の情報が中間処理で漏れてしまう可能性があります。

完全に処分されるまでは、廃棄物を排出した依頼主である事業者様に責任があります。「情報は資産である」と考えるDSPは、皆様の資産処理をコンプライアンスにのっとり厳格かつ安全に最後まで責任をもって機密文書・機密書類を取り扱います

 

機密文書・機密書類は安さで選んではいけません!

情報が漏洩は会社の存亡に関わります!
信用のおける業者に依頼しましょう

お問い合わせ

機密文書処理で処理できる紙の種類と取り扱いの注意

機密文書として破棄される紙の種類は、コピー用紙(上質紙・再生紙)・フォーム用紙(上質紙・再生紙)・帳票類(上質紙・再生紙)などが多いようです。

  • 紙を無選別でも回収は可能です。
  • 多少次のものが混ざっていても大丈夫です。
    ノンカーボン紙(感圧記録紙)・紙ファイル・裏カーボン紙(カーボン伝票)・感圧記録紙(FAX・ワープロ用紙など)・綴じ紐・茶封筒・窓付き封筒
  • 文書を綴じてあるクリップ・ホッチキスの針など、小さな金属の取り外し不要です。
  • 機密処理を入れるダンボールをご用意頂く場合は、クラフトテープ(紙製のもの)で梱包してください。

焼却・シュレッダー・溶解の3処理対応可能!
高セキュリティなのに低コスト!

シュレッダー車両処理

シュレッダー車が御社前に出張して目の前で箱ごと裁断します。
処理後は溶解工場に運搬し、溶解処理をを行います。

溶解処理

封をした機密文書の入った箱を回収し、溶解工場にて箱ごと機密書類を溶解処理します。

事業者様の大切な機密文書・機密処理の回収破棄処理はDSPが全て行います!

処理現場にお立ち会い頂く事も可能です。
機密書類が人の目に触れる事がないので情報漏洩の心配はありません。

機密文書をシュレッダーに、ご自身達でかけていらっしゃいませんか?実は見えないコストやメンテナンスで経費をかなり使っています。具体的には、作業人件費(ホチキスやクリップを外してシュレッダーにかける人件費、袋を交換する人件費、シュレッダー周り掃除人件費など)機器使用料、メンテナンス費、電気代、ゴミ処理代、袋等消耗品費などが発生しています。

機密文書処理に破棄処理方法変えると、回収処分処理費用がかかりますが、古紙として買取りもあることから圧倒的コスト削減になります。なにより、御社の貴重な人材のシュレッダーに要していた時間を、業務にあてることができるので生産性が上がります。

機密文書 溶解処理の特徴

機密文書破棄処理における溶解処理は、安全、かつ環境にやさしい機密文書・機密書類の処理方法です。製紙工場にて開封すること無く、箱ごと水を使って紙を溶かします。最終的に溶かした紙は100%リサイクルされるので、とてもエコロジーです。機密文書融解処理後に「溶解証明書」もしくは「リサイクル証明書」を発行しますので、「環境保護に貢献する企業」として御社のCSR活動の証明にも役立てられます。

機密文書シュレッダー車両処理に対して、融解処理は時間や人件費等のコストを約90%カットできます。そして、一部しか再生できないシュレッダー車両処理と異なり、溶解処理は100%再生できるので、紙の環境に優しい処理方法となります。

機密文書溶解処理のメリット

  1. お手軽
    会社の規模や書類の量を問わない「手軽さ」が一番の魅力です。少量のご依頼も受け付けられます。
  2. セキュリティが高い
    回収した箱のフタを開けることなく、製紙メーカーの工場で溶解処理が行われます。そのため、情報を他者に知られることなく処理できます。
  3. 客様の元へ出張し、目の前で裁断処理します。
  4. 安心・エコ
    お客様の目の前で実際に細断します。
    細断・圧縮された紙片は、リサイクルされるためECOにも貢献できます。

機密文書シュレッダー車両処理のデメリット

業者によって処理に差があります。「溶解」といっても、業者ごとにセキュリティレベルが違います。
委託する前に、それぞれの工程を確認し、公的機関の許認可取得などを確認し、信頼できる業者へ依頼しましょう。DSPでは、機密文書は厳密な管理の出来る担当スタッフが、融解されるまで責任をもって対応しますので、安心してお任せください。

分別不要!手間いらず!

機密文書・機密処理を未開封で溶解処理します

お問い合わせ

機密文書 シュレッダー車両処理の特徴

機密文書シュレッダー車両処理は、業務用の大型シュレッダーが積まれた専用車で御社前まで伺い、機密文書・機密書類を裁断処理する方法です。機密文書用シュレッダーは、よく見かけるオフィス用や家庭用などのシュレッダーに比べ、圧倒的なスピードとパワーで書類を細断・圧縮し、紙資源として有効活用いたします。
機密文書シュレッダー車両処理は、シュレッダーをお客様自身で保有する物理的コストが不要になり、シュレッダーをする手間隙がかからないので人的コスト削減になります。

機密文書シュレッダー車両処理のメリット

  1. お手軽
    会社の規模や書類の量を問わない「手軽さ」が一番の魅力です。少量のご依頼も受け付けられます。

     

  2. 出張可能
    大型シュレッダー装置を備えた特殊なシュレッダー車(トラック)でお客様の元へ出張し、目の前で裁断処理します。

  3. 安心・エコ
    お客様の目の前で実際に細断します。
    細断・圧縮された紙片は、リサイクルされるためECOにも貢献できます。

ここで弊社が溶解処理をお薦めする理由
シュレッダー処理にすると? 

  1. 割高
    その都度のご依頼となるため、比較的コストがかかります。また、量が少ないほど割高になる傾向があります。
  2. 場所・人の確保
    駐車場や作業場所、文書の運搬スタッフや監視員などの確保が必要です。お客様の立ち会いもあります。
  3. セキュリティに不安
    ステープラーの針やクリップ、とじ紐などを外さないと細断できない文書の場合は、ファイルの中を見られる可能性があります。
  4. 少エコ
    シュレッダー車両処理した紙は、紙の繊維が断ち切られているので、リサイクルできる量が減ります。シュレッダー後リサイクルとして溶解処理をしますが、再生できる紙量は溶解処理に比べ、ぐんと減ってしまいます。

手間をかけず、書類を安全に廃棄したいなら機密文書融解処理がオススメ!

機密文書は、会社の信頼に関わる重要な書類であり、資産です。
そして事業をやっていれば、大量な書類が発生します。
安全かつスピーディーに秘密文書や重要書類といった機密文書の破棄処理を行うためには、われわれ専門業者に頼むことが有効なひとつの手段です。

上述で比較した通り、融解処理であれは、書類を分別することなく、ホチキスやバインダーやクリップや綴じ紐を撮る必要も無く、そのままでOKです。
処理工程で不要物を取り除いて、処理できます。

DSPは、運搬から処理までワンストップで処理でき、機密文書処理完了後は機密抹消処理証明書が発行されるので、徹底した情報漏洩対策が行います。
シュレッダー車両処理よりも手軽に効率良く、業務への負担をかけず、手軽でありながら安全性の高い機密融解処理がオススメです。

機密文書・機密書類の破棄処分には融解処理がオススメ!

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

優良業者の見分け方

シュレッダー廃棄、溶解処理ともに、外部に廃棄をお願いする場合は、優良業者を選ぶ必要があります。ここでは、安心して廃棄を任せられる業者を選ぶ際に、確認するべきことを解説します。

1.各種認証を取得しているか確認

業者が情報保護やセキュリティに関する認証を得ていることを確認してください。業者を選ぶ際の目安になります。

2.認証を取得しているからと言って安心という訳ではありません。

セキュリティ認証には、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格である「ISO27001」や、プライバシーマークといったものがありますが、プライバシーマークは個人情報だけに限られます。

セキュリティ認証を取得しているからと言って安心できるわけではありません。企業が、どのような情報に対して、どのような対象範囲でマネジメントシステムを構築しているかは、それぞれの業者で異なりますので、業者に委託する場合は、確認が必要となります。また、確実に廃棄したことを証明する書類を発行してくれる業者であればより安心です。

3.輸送、運搬方法をチェック

段ボールや麻袋に書類を入れての運搬や、ほかの荷物との混載は、破損や事故が心配です。施錠密封した専用ケースなどを使用している業者であれば安心度が増します。輸送車も通常トラックから現金輸送車並みのセキュリティを持つ専用車まであるので、比較してみてください。

4.詳細な廃棄手順を確認

同じシュレッダー廃棄でもセキュリティレベルには違いがあります。溶解処理も同様です。実際にどのような廃棄をしてくれるのか、担当者に聞きましょう。

機密文書の廃棄は業者に依頼するのがベターですが、最善手は信頼できる専門業者を選ぶことです。コストとの兼ね合いも考慮に入れつつ、自社に最も適した廃棄方法を選択しましょう。

 

機密文書・機密書類を安全に処分!

面倒な事は全てお任せください!低価格ですが安全に破棄処分いたします。

お問い合わせ

機密処理文書って何?

一般的に文書には「一般書類」「重要書類」に分ける事が可能です。重要書類の中でも「秘密保持が必要な文書、関係者以外に漏洩すると、関係者に不利益を及ぼす情報や文章」で、会社の企業秘密に関する書類や取引先から受け取った秘密書類や個人情報を記載した書類などがあります。このように厳重な管理が必要な情報が「機密書類」となります。

機密文書の種類

  • 極秘文章:経営上きわめて重要かつ、秘密を保つ必要がある文書
  • 秘密文書:重要な政策・戦略・指針、営業、人事、経営、技術開発などの事項が記載されている文書
  • 社外秘文書:調査資料や統計情報等、経営的に社外に公表する事が適切でない内容が含まれている文書

ただし例外として、重要文章のなかでも有価証券報告書の用に外部に公開する為の文章もあります。

企業の機密文書(個人情報・機密情報)が漏洩する情報漏洩問題は「漏洩事故」となり、その後の損害賠償や会社の信用の失墜など事故対応のコストが発生します。機密書類であれば、しっかりとした保管庫で保管する事が大切です。

そして、社内にあれば機密書類もある程度管理できますが、破棄する為に社外にでてしまうとそこからは管理の目が届きません。破棄して処理するまでに放置され、別のところに持ち去られるなど、問題にもなりかねません。機密情報処理は企業を守るためにも大切な処理です。

処分せずに放置しておくと、スペースを取るどころか、紙ダニが発生してしまう恐れがあります。そこに情報があるだけで、管理するためのリスクが生じているのです。必要なくなれば破棄するようにしましょう。そして機密文書が抹消されるまで、厳重に処分管理しましょう。

DSPは機密処理文書破棄における
面倒な処理処分までの管理をすべて処理いたします。

処理後は報告書を差し上げますので、ご安心してお任せください。

機密文書の保管もお任せください。

機密文書専用の破棄する箱が欲しい方に、保管ボックスのご用意(別料金)や、文書保管場所がない!お客様のための保管代行サービス(別料金)などお客様の用途に応じて柔軟に対応が可能です。

ご希望のお客様には溶解証明書や破壊証明書の発行をさせていただきます。

問い合わせ

機密書類再生処理の様子

1修理工場正門
2 機密用紙処理施設外観
3 セキュリティ付ドア 解錠中
4 2階立会室 外観
5 2階立会室内部
6 溶解投入中

機密書類・機密文書の再生処理は古紙処理場内の専用処理施設にて行います。
施設は運搬車両が入った後シャッターを降ろし、完全密閉され、施錠管理、 施設管理、作業関係者も限定されていますので、ご安心いただけます。

7 段ボール未開封のまま
バルパー投入・溶解

8 出庫シャッター

9 処理工場にて溶解証明書発行

;

機密書類回収フロー

機密書類処理 お申し込みの流れ

1。問い合わせ
2。担当者訪問
3。お見積もり
4。引き取り・回収
5。ご精算 弊社→お客様

事例

  • トランクルームから乗り換え 保管量が年間 大幅削減
    移転をきっかけに設備買い替えコスト削減

お客様の声

  • 事務所のスペースが有効活用でき、書類管理の効率もアップしました。
  • お客様窓口のバックヤードでシュレッダーをかける事も、シュレッダー袋を取り替える事もなく、時間の節約になりました。
  • 一括委託できて事務処理がラクになった。
  • 地方の支店にも、全国のDSPさんの関連会社で同じ処理してもらえ、その他一括管理できるので安心です。
  • 社内の破棄する場所など導線が決まった事で、不要にデスク周りに残っていた個人情報の書類が滞る事無く処理さるようになりました。個人情報の意識も高まって良かったです。
  • セキュリティと騒がれて対応に困っていました。何もかも1元化できてとても助かりました。

お客様の声 をもっとみる >

よくある質問 機密書類・文書処理リサイクルサービス

Q 機密書類は何に入れてもよろしいですか?

A 基本的にはダンボール箱(ミカン箱程度)に入れて下さい。
別売りのダンボール箱(費用別途)も取り扱っています。

Q 毎月は発生しませんがダンボール1個でも回収出来ますか?

A ダンボール1個でも回収出来ます。
限定地域によりますので、エリア以外はご相談下さい。

Q 年に一度か二度大量に発生しますが、その場合費用面で安くなりますか?

A 回収量によりますが、古紙同様回収効率が良くなるのでコスト面はメリットがあります。

Q ホチキスや金属付きファイルのままでも回収してもらえますか?

A そのまま再生出来る工場へ持ち込みますので大丈夫です。

Q 会社の重要書類なので、処理工場の見学や処理している現場の確認は出来ますか?

A 事前予約になりますが、ご相談頂ければ見学対応致します。

Q 廃棄物といっても古紙なので処理した証明書の発行は出来ますか?

A 溶解証明書、破壊証明書等を発行いたします。

Q 万が一ですが、書類の中身を見られることはありませんか?

A 出来ません。全てダンボール箱に入ったまま投入しますので、誰も見る事は出来ない仕組みです。

Q 機密処理サービスは書類や文書の紙だけですか?

A DSPでは機密書類の他、各種メディアの出張データ消去サービスも可能です
データ消去対応可能メディア
HDD(ハードディスクドライブ)・フロッピーディスク・MT・CMT・DAT等の各種磁気メディアCD・DVD/SDメモリーカード等の光メディア

Q 機密情報とは何ですか?

A 帳簿・伝票だけでなく、個人情報の含まれるものや経営計画書・経営戦略・図面などお客様にとって情報漏洩したくない文書書類のことです。お客様が機密情報と判断しているものすべて細心の注意を払い取り扱います。

Q 機密書類が大量にありますが、シュレッダー処理の場合、自社スタッフの対応時間や所要時間はどれくらいかかりますか?

A シュレッダー車は1時間最大600kgの裁断処理が可能です。
まずはDSP担当者が伺い、機密書類の概算量にてお見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Q 出張シュレッダーサービスはどこまで来てくれますか?

A 関東圏県内はどこでも出張可能です。

全国に支店や営業所、出張所や関連会社がある場合は、全国一律のサービスにて対応可能です。ご相談ください。

紙以外の機密情報は、情報を守ったまま処理処分します!

紙以外の機密性の高いモノに対して、情報を守ったまま処理処分が出来ます。
対応可能な機密性のものは、カセットテープ・ビデオテープ DVD・CD-ROM パイプ式ファイル ビニールバインダー、ビニールファイルケース、 プラスチック類、ディスク・インクジェット類、 シール、フロッピーディスク、合成紙(ラミネート加工されたもの)があります。まずはご相談ください。

お問い合わせ

古紙回収・買い取り 対応地域

関東全域
東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|栃木県|群馬県|茨城県

お電話でのお問い合わせは
平日 9:00-18:00 土 9:00-17:00
TEL:03-5830-6777 

機密文書・機密書類や回収のご依頼・お問い合わせ
機密文書処理してほしい!機密書類を破棄してほしい!見積もりが欲しい!など、機密文書に関する各種お問い合わせはお気軽に。
機密文書・機密書類や回収の
ご依頼・お問い合わせ
経費削減・コスト削減の
お問い合わせ
コストを削減したい!面倒な手間を削減したい!など、ご要望に応じた経費削減案をご紹介します。
コスト削減のご提案

関連記事

  1. 古紙・段ボール破棄処分は回収・買取りリサイクルして経費削減!

  2. お客様の声|廃棄物処理のコスト削減に成功しました!

  3. 発泡スチロールの回収・廃棄処分・リサイクルならDSPでコスト削減

  4. 木くず・木パレットの廃棄回収処分と木材リサイクル

  5. 産業廃棄物の一元管理【法人限定】定期回収・収集・運搬

  6. グリストラップ清掃・配管高圧洗浄【緊急対応可能】詰まり解消/定期管清掃…

リサイクルで経費削減サービス

東京都内・対応エリア

足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 清瀬市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 西多摩郡

サービス対応エリア

東京都内を中心に埼玉県・神奈川県・千葉県・栃木県・茨城県・群馬県の関東地域(島嶼部を除く)