産業廃棄物や事業系一般廃棄物、混合廃棄物までお任せください

こんなお悩みはありませんか

  • ゴミを事業者として、どう処理して良いかわからない
  • 集積所での破棄方法が違うと指摘されて困っている
  • 集積所から溢れてしまいそうで、定期的に回収できないか
  • ゴミを分別する手間をかけていられないので、まるっと任せたい
  • 今の廃棄物処理費用が高くなって困っている。最適な価格を知りたい。

ゴミのことならDSPに、ますはご相談ください。

お問い合わせ

 

 生活や事業で様々なゴミ(廃棄物)が発生します。避けては通れない問題です。
大きな視野で見れば地球環境にも関わり、年々リサイクル、リユースを念頭に世界の共通問題として新しい処理方法や分別方法が考えられています。
 今を生きる人々はいかに上手くゴミと共存していくか、そして未来を生きる人々にどれだけクリーンな地球を紡ぐことができるか。大きな課題です。

 一般家庭でのゴミ処理は地域ごとの分別方法、指定の袋、回収日に従ってください。
事業から生じるゴミは業種ごとに異なり、家庭ゴミよりも処理が複雑です。
これは何ゴミ?と頭を悩ませることも多いでしょう。
 日本の法律上、廃棄物は大きく2分類されています。一般廃棄物と産業廃棄物です。一番簡単な分け方は事業活動で発生した廃棄物のうち法令で定められた20品目に該当すれば産業廃棄物、それ以外は一般廃棄物です。大きな2分類を細かくみていきましょう。

産業廃棄物について 

以下が法令で定められた20品目です()内は代表的な例です。
 あらゆる事業活動に伴う廃棄物
 ・燃え殻(灰かす、石炭ガラ)
 ・汚泥(下水道汚泥、浄水場沈殿汚泥)
 ・廃油(エンジンオイルなどの廃油、洗浄油廃油)
 ・廃酸(廃硫酸、廃塩酸)
 ・廃アルカリ(石炭廃液、写真現像廃液)
 ・廃プラスチック類(廃発泡スチロール、廃写真フィルム)
 ・ゴムくず(切断。裁断くず)
 ・金属くず(古鉄、ブリキ・トタンくず)
 ・ガラス、コンクリート、陶磁器くず(石膏ボード、煉瓦くず)
 ・鉱さい(不良鉱石)
 ・がれき類(工作物の新改築・除去に伴うコンクリート、レンガ破片)
 ・ばいじん(電気集じん機捕集ダスト)

排出する業者が限定される廃棄物
 ・紙くず(新聞、出版、印刷物などの紙くず)
 ・木くず(工作物の新改築・除去、木材・木製品製造で生じるくず)
 ・繊維くず(建設業、繊維工業※などの繊維くず)
 ・動物系固形不要物(畜場での解体処理で生じるもの)
 ・動植物性残渣(動物、卵から、貝がら、肉・乳類の加工不良品)
 ・動物のふん尿(畜産農業で生じるふん尿)
 ・動物の死体(畜産農業で生じる動物の死体)
 ※衣類等繊維製品製造業を除く

 以上が法令上の20品目です。「あらゆる事業活動に伴う」もの(12品目)は業種に関係ありません。「業者が限定される」ものは業種指定があります。上に挙げた品目の数は19です。もう一つは上記の19品目の産業廃棄物を処分した際に排出されるものが該当します。

産業廃棄物のことならDSPに、ますはご相談ください。

お問い合わせ

事業系一般廃棄物について 

 産業廃棄物に該当する20項目以外は、一般廃棄物になると説明しましたが、会社、店など事業から出る一般廃棄物は家庭ゴミと区別するため事業系一般廃棄物と位置づけされています。事業から排出される産業廃棄物以外の廃棄物です。

  • 従業員の消費から出るゴミ(弁当の包装容器、ペットボトル、ビニール袋、包装紙)
  • 従業員が消費した飲料水などの缶ゴミ、ガラス瓶
  • 新聞紙、雑誌、段ボール、梱包紙
  • 机、テーブル、椅子
  • 測量業者の測量杭、測量ポール
  • 造園業者の剪定
  • 食料品製造業、飲食店、スーパーなどの生ゴミ
  • ペットショップ、動物園の動物のふん尿、死体

事業計一般廃棄物のことならDSPに、ますはご相談ください。

お問い合わせ

事業系一般廃棄物の処理は複雑

事業系一般廃棄物には、明確な定義がされていません。
自治体によっては少量(この量も規定がないのですが)であれば、家庭ゴミと同じ扱いで回収する場合もあります。
加えて自治体の有料回収、量に関わらず事業系廃棄物の回収は廃棄物処理業者への委託を義務付けている場合もあります。困った場合は分類や回収について相談できる廃棄物処理業者と解決策を探るのが一番です。まずはご相談ください。

紙くずの破棄処理処分ついて 

どんな業者でも量を問わず出る紙くずは「排出業者が限定される」項目に記載があります。
この業種に該当しない一般のオフィスの紙くずは産業廃棄物とみなされません。

混合物、総体物の破棄処理処分ついて 

あらゆる事業活動に付随して発生する廃材は、排出事業者にとって避けては通れない代表的な廃棄物の一つです。

事業所の引越しや、事業所内での整理や資機材の入れ替え等、廃棄物が発生する場面は多くありますが、破棄する内容が異なるため、都度、処理委託先との調整を行わなければなりません。しかし、これら廃棄物を扱う処理会社は多く、各社によって処理フローや受入条件は多種多様であるため、状況に合わせた最適な委託先を見つけるのは簡単ではありません。

廃棄物の内容を的確に把握し、保管状態や廃棄期限、数量を考慮し、最適な処理をコーディネートいたします。
また、廃棄物の処理に付随して必要となる仕分け作業や搬出作業のご提案も行っております。

例えば、什器や機器類はプラスチックや金属、ガラス、木材等、様々な素材の混合物・複数素材からなる複合物です。
 蛍光灯はガラスくずと金属くず。事務機器の複合機(コピー+FAX+スキャナー)は廃プラスチック、ガラスくず、金属くずなどの複数の品目が混ざっている混合物です。これらのゴミを分類の品目に沿うように解体し分別していては時間と労力の無駄な消費になります。

 極端な例になりますが、会社・店舗で使っていたプロジェクターを廃棄したいとなると、「廃プロジェクター処理業・収集運搬の許可」を得ている業者はほぼ皆無か、仮に存在したとしても会社・店舗のある地域をカバーしている可能性はかなり低いです。このようなケースは本体を構成している部品で考えます。
レンズはガラス陶磁器くず、ボディは廃プラスチック、ネジや部品は金属くずになります。この3品目を扱う許可を持っている業者であれば対応可能です。

 鉄筋コンクリートは、金属くずとがれきの複合体です。二つの品目が分離不能状態で混合しています。大半はがれきで、一つの品目の割合が極端に高いため、ゴミの分類上、総体物という扱いになります。廃油が混じる汚泥は廃油混入量5%未満であれば同じく総体物の扱いです。
 解体し分別する時間を考慮するまでもなく、混合物・総体物の廃棄は専門業者の回収に委ねるのが賢明でしょう。

分類を把握し、トラブル回避を目指しましょう。

 過去には、これは産業廃棄物になるのか?を争点にした裁判が多数起き、判決が下されています。
平成11年のおから事件(豆腐の副産物である「おから」は産廃!)が有名です。
産業廃棄物、一般廃棄物に関わらず間違った処理をすれば不法投棄の汚名を被ります。
汚いものはゴミだけ。名まで汚さないようにしたいものです。
勘違い、誤った理解が大きな損失を招きかねません。
ゴミの線引きをしっかり把握して、クリーンにスマートに事業に力を注いでください。

複合廃棄物・混合廃棄物のことならDSPに、ますはご相談ください。

お問い合わせ

関連記事

  1. 蛍光灯の処分・回収【産業廃棄物処理】リサイクル

  2. リサイクルでCSR

  3. 木くず・木パレットの廃棄回収処分と木材リサイクル

  4. お客様の声|廃棄物処理のコスト削減に成功しました!

  5. 発泡スチロールの回収・廃棄処分・リサイクルならDSPでコスト削減

  6. 古紙・段ボール破棄処分は回収・買取りリサイクルして経費削減!

産業廃棄物処分処理で経費削減 

ご依頼の多いリサイクル処理サービス

東京都内・対応エリア

足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 清瀬市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 西多摩郡

サービス対応エリア

東京都内を中心に埼玉県・神奈川県・千葉県・栃木県・茨城県・群馬県の関東地域(島嶼部を除く)